今、馬術界・高校生の中で話題・評判となっている…
全国高校生馬術選手権大会とは…

この全国高校生馬術選手権大会は、既存の「全日本高等学校馬術競技大会(通称:インターハイの馬術競技大会)」とは違い、高校馬術部に所属していない個人でも、全日制高校や通信制高校を問わず、国内の高等学校への在学があり、乗馬経験があり馬術競技会への出場経験があれば、参加できる馬術大会となっております。

また、競技会で出場するための馬は、引退競走馬の転用調教により乗馬競技馬として活躍する馬たちを予め主催者が準備し、各選手たちが抽選により騎乗する馬が決まり、同じ馬に2~3名が決定し上位者が勝ち上がる「貸与馬戦(たいよばせん)」を取り入れています。その為、馬のレベルの差に関係なく『出場選手個人の技術とキャリアのみで勝敗が決定』いたします。この貸与馬方式の馬術大会は、大学馬術界などの「全日本学生馬術選手権大会」などでも取り入れている馬術競技スタイルでもあります。

それ故に、日本全国の埋もれた若い馬術競技者の発掘と、今後の日本馬術界を背負う若者の育成、さらには、引退競走馬の再活用の場を広げることを目的とし、また真の高校生のチャンピオンを決めることによって、互いに切磋琢磨し、より技術と精神力の向上を目指していく、大変意義のある馬術大会であると自負しています。この全国高校生馬術選手権大会が続くことによって、より日本馬術界の発展と共に、地域の発展および若者のやる気を促すことによって、健全な青少年の育成にも取り組んで参りたいと考えております。

全国高校生馬術選手権大会
実行委員会 会長 常見 和久
(主催者:東関東ホースプロジェクト 代表取締役)

入学可能エリア
求人・就職エリア